Mayuflower気ままな1日

アクセスカウンタ

zoom RSS ハーブ 〜 蒸留と抽出

<<   作成日時 : 2015/09/13 17:35   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日はLSアカデミーのハーブ講座に参加した。
蒸留と抽出の勉強。

蒸留は実験で何度もやったことがあるが、長い冷却器など専門の器具がないとできないものと勝手に思いこんでいた。しかし、家庭でもできると聞きつけ、俄然興味がふくらんだ。

また、ハーブの色や成分を石けんに入れるとき、そのままでは水酸化ナトリウムの影響で、ほとんど使い物にならない。そこで、インフューズドオイルにして使ったりするのだが、そのときにオイルを高温にしてしまったり、アルコールを入れてしまうと都合が悪い。成分や油の酸化、アルコールによる鹸化スピードの変化ができあがりに大きく影響する。入れても成分が役に立たないのでは、苦労する意味がない。
また、アルコールを飛ばすために加熱するのは危険きわまりない。
確かに、入れただけのことはあるのかもしれないけれど、危ないし、簡単に何か良い方法がないものかと思っていた。
できれば石けんの色も人工的なものでなく,天然のものの方がありがたい。
そこで、新しい抽出方法を教えていただけるとのことで、こちらにもすぐに飛びついた。

かなり、新しい分野での講習で、とても楽しみにしていた。

蒸留はくろもじとラベンダーの蒸留。
蒸留をし始めると次から次へとアロマウオーターが出てくる。
実験などでも蒸留は冷やすのが難しくて途中で液体に戻ってしまったりと、うまくいかなかったり、時間がかかったりするのだが、僅か数10分でたっぷりと取れた。

画像


ラベンダーなどは一緒に精油も流れ出てくる。うわ〜。
そして、今回は50mLずつアロマウオーターを集めたが、不思議。香りがすべて違う。

画像


同じ素材でも初めに出てくるものとあとの方では香りの雰囲気が全く違う。
これも化学の不思議かな。
天然のものっていろいろ奥が深い。一筋縄ではなくておもしろい。

そして抽出。
ウルトラ抽出のようにアルコール、オイルを使うが、このあとアルコールを除去する方法が違う。
アルコールを高温にせず除去。
これもいい。しかも長いことつけ込む必要もないとのことで、早く作ることもできる。
最後に真空にできる装置もいただいたので、これを沢山作って置けば、オイル類の保存にも役に立つ。

抽出し、アルコールを抜いたものは1日置いてから濾してインフューズドオイルとして使用可能。
1日置いた抽出液

画像


回収したアルコールは

画像


もともと抽出用に使ったアルコールは10mLくらいなので、これだけ集まればかなり効率がよいと思われる。
このあと濾過して、保管する予定。

昨日の抽出液はオリーブオイルのローズマリーインフューズドオイルなので、早速石けんにしてみようかな。
ローズマリーの石けん。
さっぱりしていそうです。


     よかったらポチッとしてみてください。↓  

     blogramで人気ブログを分析

     ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ     ハンドメイドブログ カルトナージュへ     ハンドメイドブログ とんぼ玉へ

   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
昨日のプルプル石鹸は、横文字が読めなくなってきたのもありますが、初めて聞いた名前が多くて頭使いました!
今日はまた、新しい分野での講習とのことで、読んでいて私もとてもワクワクしました
面白いです
yokkosan
2015/09/13 19:35
yokkosan、手作りコスメのネットショップなどに行くと、あの横文字商品沢山売ってます。説明も詳しくて、とりあえず使ってみたくなります。どれもこれもほしくなってしまうくらいです。石けんから様々なところへ手が伸びて行ってしまいますよ。
ハーブの蒸留や抽出も本当におもしろいです。いや〜、実験みたいで、うきうきします。
管理人
2015/09/13 22:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文


ハーブ 〜 蒸留と抽出 Mayuflower気ままな1日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる