Mayuflower気ままな1日

アクセスカウンタ

zoom RSS カルトナージュ 参考書13

<<   作成日時 : 2012/06/15 16:48   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

またまた,カルトナージュの新刊本。
こうの早苗先生のカルトナージュ本。
こうの早苗先生はパッチワークや洋裁が本職。
この先生の色あわせや生地、パッチワークのデザインはとっても私好みで,パッチワークのお手本にしていた。
また、「おしゃれな普段着」という、洋裁のシリーズはとっても好きで、自分のスカートなどこの本を見ながらいくつか作ったりもしていたので、発売前からとっても楽しみにしていた新刊本だった。

この本の表紙を見ていただければ分かるようにとっても素敵な生地で作られている。
もう、これを見ただけで惹かれる本である。

画像


中身は・・・というと、厚紙をカットしてはじめから作るカルトナージュではなく、空き箱や段ボールからつくるカルトナージュが紹介されている。ただし、生地の付け方が斬新である。
もちろんボンドをつけて貼りあわせて組み立てていくのだが、内張と外張りや側面と底などのつなぎ合わせの部分は糸でかがられている。
カルトナージュを始めた頃購入した洋書の中に糸で縫い付けながら布を厚紙に貼り付ける技法のものがあったのを思い出した。この技法でも細かい部分は生地と生地をかがっていたように思う。
はがれにくく,洋裁やパッチワークのテイストが残っているカルトナージュだ。
また、空き箱も1度解体してから組み立て直すなど、とても手も込んでおり、丁寧な作り方だと思う。
カルトナージュを1からやりたい人にはちょっと物足りないかもしれないが、手軽に作ってみたいという方には大いに参考になると思う。ただ、かがるのが嫌いな人はおすすめできない。
ただし、生地をかがらずノーマルなカルトナージュの方法でも十分対応は出来ると思うが。

また、生地あわせや刺繍やパッチワーク,リボンなどを使って仕上げられているところはとても勉強になる。
同じ箱でも、さまざまな工夫を使うことでずいぶんと仕上がりが違うことも大変参考になったし、どれもこれも本当にかわいらしくてうっとりする。
こんなデザインにすると本当に空き箱には見えない暮らしすばらしいものになる。
また、後半にはパッチワーク・キルトを使ったポーチやバックなどの作り方も載せられていたので、ちくちく系が好きな方にも目線を変えて楽しめる本なのではないかと思う。

画像


画像


画像



     「こうの早苗の 大人かわいい布箱」    日本ヴォーグ社 
     


     よかったらポチッとしてみてください。↓  

     blogramで人気ブログを分析

     ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ     ハンドメイドブログ カルトナージュへ     ハンドメイドブログ とんぼ玉へ

   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文


カルトナージュ 参考書13 Mayuflower気ままな1日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる