Mayuflower気ままな1日

アクセスカウンタ

zoom RSS カルトナージュ 参考書 No.2

<<   作成日時 : 2007/08/17 05:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

いよいよよこた先生の作品集が本屋さんにも並ぶということで、カルトナージュの参考書のことを今日は書いてみよう。

よこた先生の新作本の情報を聞きつけ、アマゾンを開いてみると、おとといあたりから予約も可能になっていた。
ちょっとわくわく、来週には手元にきそうである。
また、新しい参考書になるだろう・・・
よこた先生の本については中を見てからのお楽しみってことで・・・

私がカルトナージュをやるきっかけになった本。
  「フレンチスタイルの布箱」

この本はどなかたが書かれたと言うより、色々な情報をまとめて作られているような本である。
企画が茅木真知子さんだったり、刺繍担当の方がいたりと様々である。
ただし、レッスン指導や布箱づくりの担当が広岡ちはるさんなので、中に出いている箱のレシピは広岡ちはるさんのものなのだろう。

画像


この本は四角い箱、丸型の箱、深さのある丸箱の3種類が作れるように構成されている。
さらにサイズ別のレシピがあり、合計8パターンの箱が作れるようになっている。
たったの8パターンと言われる方もいらっしゃるかもしれないが、同じ形やサイズの箱でも生地や紙の組み合わせでずいぶん感じが変わって見える。
8パターンしか出ていないのに、ありとあらゆる箱の画像があり、こんな組み合わせにすると
いいのかと、生地や紙の使い方も参考になる。

画像


画像


作れる箱は3種類だが、四角形の箱と、丸箱との2種類の作り方さえマスターすると、すべて作れるようになっている。サイズが違うだけで、基本の作り方はすべて同じなのだ。
この作り方も、独学でも大丈夫なようにとても丁寧に書かれている。
多分どの分野の、手芸本を探してもこれほど、丁寧にわかりやすく書かれているものはほとんどないだろう。
蝶番の部分や角の処理などが画像も含めて本当に細かく書かれているので、初心者には良いのではないだろうか。

画像


欲を言えば、丸箱を作るときのカートンの扱い方がとても難しく、初心者には作りにくいだろう事、しきりの作り方が今ひとつだった事・・・
丸箱の側面を2mm厚のカートンを丸めて、サイズをぴったりしに、あわせるのは結構大変である。これは、初めて作る方にはかなり難しいような・・・
2mm厚のものを丸めるためには紙の丸めやすい辺を使ったりする裏技も必要になるし、小さくて細いものはもっと難しいと思うし・・・
ここをもう少し改良できたらいいかな?

    ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ

     よかったらポチッとしてみてください。↓  

     blogramで人気ブログを分析

     ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ     ハンドメイドブログ カルトナージュへ     ハンドメイドブログ とんぼ玉へ

   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
毎日暑いですね。お元気ですか?
上級ご卒業おめでとうございます〜!
だいぶ進んだのですね。よこた先生の本も出て、ますますカルトナージュカが楽しくなりますね。
私も9月からまたお教室がんばります!(今は新作模索中です)ではまた・・・

ル・パピエ
2007/08/17 23:26
先生〜、コメントありがとうございます。
どうにか上級が終了しました。先生のおかげです!!
色々とありがとうございました。
今後も研究科に進んで、もう少し作品を作りたいと思っています。

私も先生のHPもちょくちょく遊びに行かせてもらっています。最近リニューアルしましたよね。今度のもとても素敵でいいです。小鳥の鳴き声もかわいらしい!
スケジュールがあえば、ぜひ1Dayレッスンなど、お願いしたいところですが、なかなかあわなくて残念です。いつかまたお願いします。
先生の新作も楽しみにしてます。
お暇なときまた、遊びにいらしてくださいね。
管理人
2007/08/18 05:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文


カルトナージュ 参考書 No.2 Mayuflower気ままな1日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる